腰椎椎間板ヘルニアを治療する【医療機関ナビ】

男女

人気の神経ブロック

腰を押さえる男性

神経ブロックも大切です

腰椎椎間板ヘルニアに罹患すると、普通の腰痛とは異なって、腰以外の疼痛が発生することが特徴です。腰以外の疼痛が発生する場所として、いちばん多くを占めるのが坐骨神経領域です。坐骨神経は、臀部から大腿部を経て、足の先まで伸びていく神経です。結果として腰椎椎間板ヘルニアに罹患すると、下肢全体に疼痛が発生することがあります。そうした腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、消炎鎮痛剤の内服薬で治療する場合が多くなります。しかし、消炎鎮痛剤の内服薬による治療を行うだけでは、十分な効果が発揮されないこともあるのです。こうしたときに、神経ブロックによつ治療を行うと、改善につながります。したがって、腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、神経ブロックを組み合わせることも大切です。

透視下での神経ブロック

腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛に対する神経ブロックは、複数の治療法が存在しています。そのなかで、いちばんよく選択されているのが、仙骨神経ブロックです。仙骨は、浅い位置に存在しますので、ポイントの選択が比較的容易なので、広く選択されています。ただし、神経ブロックも仙骨神経ブロックだけでは、効果が発揮されるとは限りません。すると、深い位置に対して、神経ブロックを行う必要性が生じるようになります。そうした深い位置に対する神経ブロックを、的確に行うために必要なのが、透視下に実施することです。透視下に実施すると、ハリの先端がどこにあるのかが、視覚で確認することができます。視覚で確認できるということは、ポイントが的確になるので効果が増します。そのため、透視下で実施する場合が多くなっているのです。