腰椎椎間板ヘルニアを治療する【医療機関ナビ】

男女

整形外科で行う手術療法

腰痛

手術療法は整形外科です

腰椎椎間板ヘルニアは、高齢者ばかりではなくて。10歳代でも発生することがあります。そのため、腰椎椎間板ヘルニアの治療の対象となるのは、かなり幅広いのです。そうした腰椎椎間板ヘルニアの治療は、保存療法が基本ですが、手術療法を行うこともあります。とくに手術療法を行わなければならないのが、下肢に麻痺を起こしているときです。例えば、筋力麻痺が起こると、足首や足の指などに力が入らなくなって、足を引きずるようになります。こうした状態が継続すると、不可逆的になることもあるので、手術療法を選択するのです。このような腰椎椎間板ヘルニアの手術療法を行うのが、病院では整形外科になります。したがって、腰椎椎間板ヘルニアで下肢に麻痺が発生したら、整形外科で治療を受けると確実です。

内視鏡による手術療法

そうした整形外科で行われる、腰椎椎間板ヘルニアに対する手術療法は、大きく分けて2つ存在します。一つ目は、メスを用いて切開をして行う、一般的な手術を行う方法です。メスで切開するということは、術中の視野が広くなります。そのため、術者が直接患部を見ながら手術療法を行うので、確実性が高いという特徴があるのです。しかし、メスで切開を行うと、身体への侵襲性が大きくなります。そこで最近は、内視鏡を用いた手術療法が、よく用いられるようになりました。内視鏡を用いると、小さな傷口で済みますので、身体への負担が大きく軽減するのです。身体への負担が少ないということは、術後早期から日常生活に復帰し易くなります。したがって、腰椎椎間板ヘルニアの下肢の麻痺の治療法は、内視鏡による手術療法が多くなっています。